海外のバイナリーオプション業者とは

海外業者を利用してバイナリーオプションを

もともとバイナリーオプション取引は海外で誕生したため、既に海外投資家には広く知られている取引方法のひとつになっています。日本国内でも近年はバイナリーオプションを取り扱う国内業者が増えてきましたが、現段階では国内におけるバイナリーオプション取引は新しい投資商品と考えられています。海外業者と言っても多くのサイトが日本語の表記になっており、日本人向けのサポートも充実しています。その為、国内業者を利用するのと変わらない条件で取引を楽しむことが可能です。ただ、国内業者と海外業者との違いを理解することや、海外業者のメリット・デメリットを知っておくことも大事です。

海外業者が選ばれる理由は?

国内業者と海外業者で大きな違いになるのは取引可能な時間で、基本的に海外業者を利用すると24時間・週7日の取引が可能です。また、取り扱っている銘柄の多さや取引方法の種類などにも違いがあって、幅広い取引が可能な点が海外業者の魅力で選ばれる理由になっています。その他にも、低い投資から始められる・デモ口座が利用できる・リスク管理可能な商品があるなど、初心者にも安心して利用できる点があります。さらに、ペイアウト倍率が高い・1回の最高取引額が高い・引内容・銘柄の数が豊富など、中級者や上級者も満足できる内容になっている点も選ばれる理由です。

海外のバイナリーオプション業者を利用するメリットは?

メリットの第一は、国内業者と比較して口座開設がスピーディーという点です。国内業者なら1週間程度かかりますが、海外業者なら数分程度で手続きが完了するので、すぐに取引を始められることはメリットになります。2つ目のメリットはクレジットカードによる入金が可能という点です。取引のバリエーションや銘柄がたくさんあり、エントリーがいつでも可能という点もメリットになります。海外業者は国内業者と違ってキャンペーンボーナスにも積極的に取り組んでいる点もメリットで、このメリットに関してはしっかり活用することをおすすめします。

海外のバイナリーオプション業者を利用するデメリットも把握

海外業者を利用することはメリットだけでなくて、デメリットもあるのでしっかりと理解しておくことが大切です。海外業者を利用の際の最大のデメリットは、信託保全がない業者が存在している点です。この場合、万が一利用していた海外業者が倒産した場合に資金返金保証がないということで、トラブルになることが考えられます。

国内バイナリーオプション規制「広告・情報提供に関する規制」

国内バイナリーオプション規制について
国内バイナリーオプションに対して規制が入って、新規制による運用に完全移行したのですが、取引回数の減少や超短期トレード不可などで魅力が薄れたという声もあります。しかし実際はリスクを抑えつつ様々なトレードが可能になっていて、提供する内容・安全性・保証など魅力的な部分は変わりありません。ただ、商品性に関するルール・取引開始手続きなどのルール・取引時のルールに変更があるので、規制により変更された内容について理解しておくことが大事です。それから情報提供・広告のルールにも変更があるので、その点を理解しておくことも大切です。

取引概要の公表のルール

投資家が取り扱うバイナリーオプション取引の概要については、毎月取引全体の状況を集計してホームページを通じて一般に公表します。公表される内容については、投資家が業者に対して支払った総額・業者から投資家全体が受け取った総額の割合・取引した口座数に対する損益がマイナスになった取引口座の割合などです。これにより取引を開始する際の事前学習に利用できますし、投資家の取引内容の相違などについて具体的に確認することが可能です。

商品説明の充実と広告の適正化のルール

投資家がバイナリーオプション取引を開始する前に、バイナリーオプション取引の仕組みや取引リスクなどを十分に理解できるように商品説明の充実が実施されています。その為に、業者側は取引概要その他の事項を記載した取引説明書や何らかの資料を投資家に提供することになっています。通常は、取引説明書の中に全て記載されているケースが多いです。また、投資家との取引を扇動する表現や方法による広告がされないように、顧客の広告審査を徹底して行っています。例えばキャッシュバックなどで、このようなことは取引の扇動につながる可能性が高いといった認識で広告審査を実施しています。

取引中断の報告のルール

バイナリーオプション取引期間中は基本的に中断することなく取引できますが、顧客の財政に対して大きな影響を与える場合や通貨市場の急変などが発生した時は取引中断もあります。ただ、そのように取引期間中に取引を中断する時は、早急に顧客に連絡すると共に、ホームページを通じて一般に広く情報を公表する必要があります。また、取引中断の原因が解明された段階で、取引中断の報告と同様に原因と対策について顧客に報告すると共に、ホームページを通じて一般に広く情報を公表します。

国内バイナリーオプション規制「取引に関する規制」

知識の確認という規制
国内バイナリーオプションには様々な規制が入って、そのひとつに取引に関する規制があります。その中のひとつに知識の確認というのがあって、業者はバイナリーオプション取引を開始する際に、顧客が必要とされる基礎的な知識を持っているのか確認する必要があるという規制です。そして、業者側が顧客の基礎的知識が充分でないと判断した時には取引の手続きを停止して、後日基礎知識があることを確認してから取引開始の手続きを進めることになります。その為業者側はホームページなどを活用してバイナリーオプション取引に関する基礎知識が学習できるコンテンツを提供し、顧客が基礎的知識を学習・確認することができるようにしています。業者が顧客の知識を判断する方法としては、テストなど具体的な手段を用いて行う必要があります。例えば、二者択一式のテストで行うことも可能ですが、回答が明らかに分かってしまうような安易な問題は避ける必要があって、あくまでも必要な基礎知識に対する理解度が判断できる内容と出題数をする必要があります。

取引経験という規制
バイナリーオプションは二者択一で予想する金融商品で、初めて投資にチャレンジする人でも簡単に利用できることがメリットのひとつです。しかし、取引経験という規制によってバイナリーオプション取引を始めるためには、基本的に流動性の高い金融商品・FX・有価証券オプションなどの取引の投資経験が必要になったのです。つまり、何らかの投資経験がないとバイナリーオプション取引を始められないのです。

限度額の申告と取引状況の確認という規制

限度額の申告という規制があって、一定期間内のバイナリーオプションにおける取引総額か損失限度額、また証拠金などの限度額を顧客は業者に申告する必要があります。そして、業者は顧客からの申告を受けた上で、限度額に達した時に顧客に対してお知らせをするなどといった取引管理を行う必要があります。このように顧客と業者それぞれに限度額の申告と取引状況の確認という規制が適応されるのです。それから、取引状況の確認という点から連絡した後、ある程度の時期までに取引限度額を下回るための措置を顧客がとられない場合には、業者として新規の取引を中止することがあります。

取引の継続という規制

バイナリーオプションでは、取引期間中なら中断することなく取引の継続が原則として実行できます。しかし、顧客の財政面に対する大きな影響や通貨市場の急変などが発生した時には、取引を中断すると言った対応も実施されます。この点に関しては、取引説明書や資料で例をあげて業者が提示しているので確認しておくと良いです。

国内バイナリーオプション規制「商品性に関する規制」

まずは商品性に関する規制について

国内バイナリーオプションの取引方法に関して、ギャンブル性を抑えて安全性を重視することにより投資家を守る目的の規制が入りました。その為にバイナリーオプションの魅力が減少したという声も多少はありますが、どのような規制がされているのかを理解しておくことが大事です。まずはバイナリーオプションの商品性に関して、どのような点で変更された規制になっているのかを理解することです。

短時間のHIGH・LOWオプションの禁止
国内バイナリーオプションでは、短時間でレートが上がるか・下がるかを予想するHIGH・LOWオプションが人気の取引でした。しかし、この取引はギャンブル性が高いといった声が集中したことで、短時間のHIGH・LOWオプションが全面的に禁止となって消滅したのです。そして、この規制により2時間以上しないと新たな取引ができなくなったのです。

レンジ外の総取りの禁止

バイナリーオプションには、上がっても下がっても勝てない「レンジ外」と呼ばれる業者の総取りというケースがありました。つまり、従来は自動的に業者の総取りとなるゾーンが設定されていたのです。しかしレンジ外という呼び方は残ったままでも規制によりルールが廃止されたことで、業者が総取りすることがなくなって、レンジ外の場合は投資家に全額払い戻されるようになったのです。

売りと買いの価格を表示する2WAY方式に
規制により売りと買いの価格を両方リアルタイムで提示しておくことにルールが変更されました。これは、ポジションを取引キャンセル時に解消するために価格を提示しておく必要性があるためで、今買っているのか、値動きはどれくらいかを分かりやすくするための変更です。ただリアルタイムで価格表示されるために、「スリッページ」と呼ばれる注文時のレートのずれが発生する可能性があります。現在、多少のスリッページは仕方ないという声があると共に、どの程度のずれが生じるのかといった疑問の声も多いです。

高ペイアウト倍率になる価格設定の禁止

規制によって取引開始時点で著しく高いペイアウト倍率となる価格設定が禁止になりました。ただ、この規制内容に関しては、一体何倍のペイアウト倍率が妥当なのかという議論がされています。その議論の焦点は、ペイアウト倍率を固定すると言うよりは、ペイアウト倍率の最大上限倍率を設定すると言った方向で話し合いが進んでいます。

バイナリーオプションでの海外業者と国内業者の違い

はじめるために国内業者と海外業者の違いを知る

バイナリーオプションを始めるためには利用する業者を選択する必要があって、取引時間・ペイアウト率・取引額・取引回数など様々な項目を参考に選ぶことになります。ただ、業者の選択で特に迷ってしまうのは、国内業者と海外業者のどちらを選択したら良いのかという点です。国内業者と海外業者ではサービスに違いがありますし、双方にメリット・デメリットが存在します。多くの人から人気で評価の高い業者を選択する方が安心につながりますが、自分自身で業者の特徴やサービスを比較して利用してみたい業者を選択することも大事です。その為にも、まずは海外と国内それぞれの異なる点を理解しておくことが大切です。

バイナリーオプションの国内業者の注目ポイントは?

ここ数年でバイナリーオプションの人気も上昇していて国内で取り扱いをする業者も増えています。ただ国内規制の関係から海外業者に目が向けられる傾向になっていますが、国内業者にも優位性があるので知っておくと役立ちます。1つ目は、海外業者と比較して手数料が安く、手数料が0円の業者も多いという点で、これは国内業者の最大の特徴です。2つ目は、最低取引単価が低く設定されている業者が国内には多いという点です。ちなみに最低取引額の設定は、海外では1000円程度からですが国内では50円からという業者もあって、本格的に始めるための練習や小手調べに利用できます。3つ目は、海外業者と比較して安心感があるという点です。特に、海外業者はどうしても英語表記なので英語が苦手な人にとっては不安を感じることもあります。その点、国内業者のサイトは日本人向けの取引画面で使いやすいですしスマートフォンにも対応しているケースが多いので安心感があります。ただ最近では、海外業者も日本語のサポートなど徐々に改善されています。

バイナリーオプションの海外業者の注目ポイントは?

バイナリーオプションは海外が発祥の地なので優れている面も多く、国内業者にはない魅力もあります。そんな海外業者の優位性の1つ目は、口座開設までの時間が短く素早い口座開設ができるいう点です。国内業者なら一般的に1週間程度の時間が口座開設するまで要しますが、海外業者の多くは数分で手続きが完了するので、この点は大きなメリットになります。2つ目は国内業者では不可とされているクレジットカードでの入金が可能という点です。これによりカード情報を入力するだけで入金できるので便利ですし、入金が即時反映されることで取引がすぐに始められるメリットがあります。3つ目は国内と違って通貨以外にも金・銀・石油などの取引が可能で豊富な取引銘柄があるという点です。4つ目は基本的に世界の市場を対象に24時間取引ができるため、いつでもエントリー可能という点です。また、取引時間内なら複数の注文がエントリーごとにきるので、状況に対応した買い増しなどで大きな利益を生み出せるチャンスがあるのも魅力です。5つ目は業者により内容や条件に違いはありますが、ボーナス制度が充実しているという点です。

国内業者と海外業者を比較する理由は

バイナリーオプション取引は多くのメリットがありますし、始めやすい取引なので副業として稼ぐには最適な環境といえます。しかし、その反面で取引業者には詐欺業者と警戒されるような一部業者も存在していて、資産運用に関して危険が発生してしまう可能性があります。資産トラブルに関して十分に注意して取引を行う必要があるので、国内業者と海外業者で徹底的に比較しておく必要があるのです。つまり、比較することでメリットだけでなく安全性の高さも知ることができて、その安全性を知ることが重要になるのです。

海外バイナリーオプションのメリット「種類が豊富」

豊富な種類が海外バイナリーオプションのメリット

国内業者と比較して海外業者が取り扱うバイナリーオプションは、銘柄と取引ルールで種類が豊富と言えます。バイナリーオプションは短期で勝敗が決するため1つの銘柄に絞った取引では、なかなか予想が難しいケースも考えられます。また取引ルールの豊富な点も同様で、銘柄と取引ルールで種類が豊富な点は海外業者を利用する大きなメリットになります。

豊富な銘柄
国内業者のバイナリーオプション銘柄は、ドルやユーロなど通貨を対象にしたものが主流です。しかし海外業者の銘柄は、通貨の他個別株式銘柄・株価指数など豊富な銘柄で取引ができ、規模が違います。また、通貨についても幅広く、ノルウェーのクローネや新トルコリラなど様々な通過が用意されています。ちなみに取引できる銘柄としては、個別株式銘柄ではGoogle・Apple・Sony・マイクロソフトなど、株価指数では日経225・アメリカのダウ指数・イギリスのFTSE指数など、商品指数では金や原油などがあります。

豊富な取引ルール
国内業者を利用する場合はハイロー型が主流ですが、海外業者は本来いろいろな種類の取引があるバイナリーオプションのメリットを最大に生かすことができます。実は、海外業者では国内業者が法律や自主規制などで取り扱うことができない種類の取引を行うことが可能なのです。どのような取引ルールがあるのかを知っておくことも大切です。

海外業者が取り扱っている取引の種類

最もポピュラーなのがハイローオプションで、日本ではハイロー型と呼ばれ国内業者の多くが採用している取引ルールです。ワンタッチオプションは設定された価格が満期時間内に一度でもタッチするかしないかを予想する取引で、国内業者で採用しているのは半数程度です。境界オプションはレンジオプションやバウンダリーオプションとも呼ばれていて、設定された範囲内にレート価格が取引終了時刻に収まっているかいないかを予想する取引です。取り扱っている国内業者の数は少ないです。高収率オプションは、ハイローオプション・ワンタッチオプション・境界オプションのそれぞれで用意されている取引で、リターン率を通常よりも高く設定する取引です。ただ制限があって成功率が低くなってしまう特徴があります。60秒オプションは、その名が示す通り60秒で勝負が決まる取引で、基本的なルールはハイローオプションと同じです。この60秒オプションや高収率オプションは、海外だけで取引可能な取引です。

海外バイナリーオプションのメリット「手厚いボーナス」

海外バイナリーオプションのメリットを知る

海外業者を利用してバイナリーオプションをすることに不安を少し感じる方も多いでしょうが、国内業者よりも投資家保護を実施している業者も存在しています。また、海外業者には国内業者と比較してメリットと言える点も多くあります。海外業者を利用したバイナリーオプションのメリットにはいくつかありますが、そのひとつの手厚いボーナスについて知っておくことも良いです。

バイナリーオプションにおけるボーナスとは?

バイナリーオプションにおけるボーナスとは一言でいうとキャッシュバックのことで、国内業者・海外業者関係なく実施しています。しかし、海外業者は国内業者と比較して大きなキャッシュバックを用意していて、ボーナスに力を入れているのが特徴です。このメリットはフル活用したいところですが、受け取ったボーナスを出金するには条件があるので理解しておくことも必要です。

バイナリーオプションのボーナスに付帯する条件は?

基本的に受け取ったボーナスを出金するには、ボーナス額に対し業者が設定した倍数の取引が必要になるケースが多いです。ただボーナスはすぐに出金することが不可能なだけで使用できないというわけではないので、受け取ったボーナスに関しては軍資金として使用すると良いです。しかし、そこで気になることは条件をクリアできなかった場合にはどうなるのかという点です。基本的に条件をクリアしないままでも退会すること問題ないのですが、口座に残っているお金を引き出す時に制限があります。その制限とは、ボーナスもボーナスを利用して上げた利益も条件をクリアしないと引き出すことができないということで、出金できるのは入金した金額だけになります。このようなルールがあることを認識しておくことは大切です。

ボーナスの種類
海外バイナリーオプションのボーナスには、初回入金ボーナスとプロモーションボーナスの2つがあります。初回入金ボーナスとは、その名が示すように口座開設して初めて入金した時に発生するボーナスで、入金額に対して何%かのボーナスが提供されるのが主流です。例えば、初回入金ボーナスが初回入金額の30%の場合には、日本円で10万円入金すると3万円のボーナスもらえて13万円から取引ができるというシステムです。プロモーションボーナスとは、クリスマスなどのイベントに合わせて業者が設定した期間中に入金すると発生するボーナスのことです。また、優良会員・入会記念周年・誕生月などといった情報からボーナスが発生するケースもあります。

海外バイナリーオプションのメリット「高い自由度」

海外が選ばれる理由の一つが自由度の高さ

海外バイナリーオプションには、国内業者では体験できないメリットの高いサービスが展開されています。利便性が高くて利益率も高いという充実した取引ができる海外バイナリーオプションですが、国内業者よりも自由度が高いというのが選ばれる理由の一つになっています。日本国内の法律や自主規制の影響を受ける国内業者と違う海外業者の自由度には、どのような点があるのか知っておくのも良いです。

取引可能時間と取引回数の自由度

国内業者の取引できる時間帯は、基本的に国内市場が開いている間で、1日に取引可能な回数に関しても制限が定められています。一方、海外業者は世界の市場を相手にしているので、基本的に24時間いつでも取引可能ですし、1日の取引回数に関しても無制限です。バイナリーオプションは1回の取引での利益額が決まっているため、取引可能時間と取引回数に制限がない自由度は大きなメリットになります。

好きなタイミングに取引が可能な自由度

国内業者のバイナリーオプションの多くは1回の取引毎に時間が定められていて、業者が設定した時間でエントリーしなくてはなりません。実は、このように予め業者が設定したタイミングで予想することは凄く損をしていることになるのです。例えば、数分後に必ず値が上がると分かっていても次の取引が開始されるまでエントリーできないと、取引が開始された時には予想困難という可能性があるのです。このような事態を考えると、好きなタイミングに取引が可能な海外業者の自由度は大きなメリットになります。

銘柄と取引ルールで種類が豊富

国内と比較して海外は銘柄と取引ルールで種類が豊富です。国内業者が取り扱う銘柄は通貨を対象にしたものが主流ですが、海外業者の取り扱う銘柄は単に通貨だけではなくて、個別株式銘柄・株価指数・商品指数など規模が違います。また取引ルールも国内ではハイロー型といわれるバイナリーオプションが主流ですが、海外はハイローオプション・ワンタッチオプション・境界オプション・高収率オプション・60秒オプションと種類が豊富です。このように銘柄と取引ルールで種類が豊富ということは、顧客側にすると高い自由度につながり大きなメリットになります。様々な面で国内業者と比較して海外業者は、顧客側の目線で作られていて高い自由度があるので、このメリットを最大限に活用してバイナリーオプションをすることが大事です。

海外バイナリーオプションのメリット「最短60秒取引」

なぜ海外バイナリーオプションが選ばれるのか

国内業者を利用した場合と異なる点が多いことで海外バイナリーオプションが選ばれています。例えば、海外業者が取り扱うバイナリーオプションは、国内業者と比べると銘柄と取引ルールの種類が豊富です。また、国内業者は国内の法律や自主規制で様々な束縛を受けていますが、それらが適応されない海外業者は自由度が高いです。国内も海外もボーナスというキャッシュバックを行っていますが、国内業者と比較して海外業者は大きなボーナスを用意しています。このように海外バイナリーオプションにはメリットがありますが、最大の選ばれる理由となっている点は60秒という短い取引が存在していることです。

最短60秒の取引が海外バイナリーオプションには存在する
国内業者は自主規制により判定時間までに少なくても2時間を要し、バイナリーオプションの魅力が半減したと言われています。しかし、海外には最短60秒で勝負が決まるバイナリーオプション商品があって、60セカンズや60秒オプションと呼ばれています。バイナリーオプションの魅力が最大限に活かされた取引で、定時間後の相場の上昇・下降を予想するハイロー取引の60秒版という認識で良いです。秒刻みで変動する為替レートですが、1時間後のレートよりも1分後の方が予想しやすいので、その点も魅力になる取引と考えられます。

自分のタイミングでエントリーできる

一般的に国内業者の場合は、決められた取引開始時刻から購入受付終了時刻までの間しかエントリーできません。しかし、海外バイナリーオプションの60セカンズでは、いつでもエントリーすることが可能です。このように自分のタイミングでエントリー可能ということは、業者の都合に関係なく予想できるという点で大きなメリットになります。海外バイナリーオプションの60セカンズは顧客に有利な条件で、短時間に稼ぐことが可能な国内業者に無い特徴があるバイナリーオプションなのです。

ペイアウト倍率が低くても勝ちやすいかも?

60セカンズは他の海外バイナリーオプション商品と比較してペイアウト倍率が少し低いところが残念な点ですが、逆に勝てる可能性が高いとも言えます。60秒という短時間で結果がでるので確実性の高いところだけ絞って投資できますし、ペイアウト倍率が低いと言っても2倍程度は確保できるので高収益を狙えます。業者で若干の違いがあるので60セカンドの業者選びでは、ペイアウト倍率・払い戻し手数料・最低入金額や最低払い戻し額などを確認することが大事です。

海外バイナリーオプションのリスク

海外のバイナリオーオプションは?
日本国内の規制が適用されないために従来のバイナリーオプション取引が利用可能なのが海外のバイナリオーオプションです。取引時間も10分・5分・3分・1分など短時間での取引が可能ですし、ハイロウ・ワンタッチ・レンジなどシンプルな取引方法が利用可能です。また、口座開設も短時間で完了できますし、クレジットカードが利用できるので利便性も高いです。しかし海外バイナリーオプションはメリットだけでなく、損益が大きくなるリスク・信託保全の適用が無いリスク・取引会社が倒産した際の資産保障がないリスクなどもあります。海外のバイナリオーオプションの良い部分だけでなく、リスクに関してもしっかりと理解しておくことが大事です。

海外バイナリーオプションはギャンブル性が高い

海外業者には国内の規制が適用されないためメリットに感じる点が多くありますが、逆にギャンブル性が高いというリスクにつながっているとも言えます。シンプルなルールで、しかも短時間での取引が可能なためにギャンブル要素が強くなって、ついついヒートアップし取引の冷静さを見失ってしまうリスクがあります。また負けたらその取引は終了で掛け金を失うことになるために、想定外の損失を出してしまうリスクがあるので、バイナリーオプションは賭博ではないという認識を持つことが大事です。

海外のバイナリーオプション業者は信託保全が不透明?

利用しているバイナリーオプション業者が経営破綻した場合に、預けた資金が戻るかは投資家にとって心配する問題です。国内業者に関しては金融取引のリスクを最小限に抑える目的で、投資家から預かった資金については信託銀行などの金融機関に預けることが義務化されています。この制度が信託保全と言われるもので、国内のバイナリーオプション業者なら安心して資金を預けられます。しかし、海外のバイナリーオプション業者に関しては、この信託保全が不透明な業者が多いですし、海外には日本国内の法律が適応されないのでリスクになる可能性があります。そういった面があるので、リスク軽減という観点から考えると、業者選びのポイントとして信託保全の有無は大切です。

出金に時間がかかる
海外バイナリーオプションは出金に時間がかかることから、出金拒否と勘違いされてリスクのひとつに考えられることがあります。しかし、出金に時間がかかることはリスクではなくて、海外業者は海外の銀行が媒介になるので出金手続きに時間がかかってしまうことは仕方のないことです。国内業者と違って物理的な問題が生じていることを認識しておく必要があります。