海外バイナリーオプションのリスク

海外のバイナリオーオプションは?
日本国内の規制が適用されないために従来のバイナリーオプション取引が利用可能なのが海外のバイナリオーオプションです。取引時間も10分・5分・3分・1分など短時間での取引が可能ですし、ハイロウ・ワンタッチ・レンジなどシンプルな取引方法が利用可能です。また、口座開設も短時間で完了できますし、クレジットカードが利用できるので利便性も高いです。しかし海外バイナリーオプションはメリットだけでなく、損益が大きくなるリスク・信託保全の適用が無いリスク・取引会社が倒産した際の資産保障がないリスクなどもあります。海外のバイナリオーオプションの良い部分だけでなく、リスクに関してもしっかりと理解しておくことが大事です。

海外バイナリーオプションはギャンブル性が高い

海外業者には国内の規制が適用されないためメリットに感じる点が多くありますが、逆にギャンブル性が高いというリスクにつながっているとも言えます。シンプルなルールで、しかも短時間での取引が可能なためにギャンブル要素が強くなって、ついついヒートアップし取引の冷静さを見失ってしまうリスクがあります。また負けたらその取引は終了で掛け金を失うことになるために、想定外の損失を出してしまうリスクがあるので、バイナリーオプションは賭博ではないという認識を持つことが大事です。

海外のバイナリーオプション業者は信託保全が不透明?

利用しているバイナリーオプション業者が経営破綻した場合に、預けた資金が戻るかは投資家にとって心配する問題です。国内業者に関しては金融取引のリスクを最小限に抑える目的で、投資家から預かった資金については信託銀行などの金融機関に預けることが義務化されています。この制度が信託保全と言われるもので、国内のバイナリーオプション業者なら安心して資金を預けられます。しかし、海外のバイナリーオプション業者に関しては、この信託保全が不透明な業者が多いですし、海外には日本国内の法律が適応されないのでリスクになる可能性があります。そういった面があるので、リスク軽減という観点から考えると、業者選びのポイントとして信託保全の有無は大切です。

出金に時間がかかる
海外バイナリーオプションは出金に時間がかかることから、出金拒否と勘違いされてリスクのひとつに考えられることがあります。しかし、出金に時間がかかることはリスクではなくて、海外業者は海外の銀行が媒介になるので出金手続きに時間がかかってしまうことは仕方のないことです。国内業者と違って物理的な問題が生じていることを認識しておく必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です