海外バイナリーオプションのメリット「種類が豊富」

豊富な種類が海外バイナリーオプションのメリット

国内業者と比較して海外業者が取り扱うバイナリーオプションは、銘柄と取引ルールで種類が豊富と言えます。バイナリーオプションは短期で勝敗が決するため1つの銘柄に絞った取引では、なかなか予想が難しいケースも考えられます。また取引ルールの豊富な点も同様で、銘柄と取引ルールで種類が豊富な点は海外業者を利用する大きなメリットになります。

豊富な銘柄
国内業者のバイナリーオプション銘柄は、ドルやユーロなど通貨を対象にしたものが主流です。しかし海外業者の銘柄は、通貨の他個別株式銘柄・株価指数など豊富な銘柄で取引ができ、規模が違います。また、通貨についても幅広く、ノルウェーのクローネや新トルコリラなど様々な通過が用意されています。ちなみに取引できる銘柄としては、個別株式銘柄ではGoogle・Apple・Sony・マイクロソフトなど、株価指数では日経225・アメリカのダウ指数・イギリスのFTSE指数など、商品指数では金や原油などがあります。

豊富な取引ルール
国内業者を利用する場合はハイロー型が主流ですが、海外業者は本来いろいろな種類の取引があるバイナリーオプションのメリットを最大に生かすことができます。実は、海外業者では国内業者が法律や自主規制などで取り扱うことができない種類の取引を行うことが可能なのです。どのような取引ルールがあるのかを知っておくことも大切です。

海外業者が取り扱っている取引の種類

最もポピュラーなのがハイローオプションで、日本ではハイロー型と呼ばれ国内業者の多くが採用している取引ルールです。ワンタッチオプションは設定された価格が満期時間内に一度でもタッチするかしないかを予想する取引で、国内業者で採用しているのは半数程度です。境界オプションはレンジオプションやバウンダリーオプションとも呼ばれていて、設定された範囲内にレート価格が取引終了時刻に収まっているかいないかを予想する取引です。取り扱っている国内業者の数は少ないです。高収率オプションは、ハイローオプション・ワンタッチオプション・境界オプションのそれぞれで用意されている取引で、リターン率を通常よりも高く設定する取引です。ただ制限があって成功率が低くなってしまう特徴があります。60秒オプションは、その名が示す通り60秒で勝負が決まる取引で、基本的なルールはハイローオプションと同じです。この60秒オプションや高収率オプションは、海外だけで取引可能な取引です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です