国内バイナリーオプション規制「広告・情報提供に関する規制」

国内バイナリーオプション規制について
国内バイナリーオプションに対して規制が入って、新規制による運用に完全移行したのですが、取引回数の減少や超短期トレード不可などで魅力が薄れたという声もあります。しかし実際はリスクを抑えつつ様々なトレードが可能になっていて、提供する内容・安全性・保証など魅力的な部分は変わりありません。ただ、商品性に関するルール・取引開始手続きなどのルール・取引時のルールに変更があるので、規制により変更された内容について理解しておくことが大事です。それから情報提供・広告のルールにも変更があるので、その点を理解しておくことも大切です。

取引概要の公表のルール

投資家が取り扱うバイナリーオプション取引の概要については、毎月取引全体の状況を集計してホームページを通じて一般に公表します。公表される内容については、投資家が業者に対して支払った総額・業者から投資家全体が受け取った総額の割合・取引した口座数に対する損益がマイナスになった取引口座の割合などです。これにより取引を開始する際の事前学習に利用できますし、投資家の取引内容の相違などについて具体的に確認することが可能です。

商品説明の充実と広告の適正化のルール

投資家がバイナリーオプション取引を開始する前に、バイナリーオプション取引の仕組みや取引リスクなどを十分に理解できるように商品説明の充実が実施されています。その為に、業者側は取引概要その他の事項を記載した取引説明書や何らかの資料を投資家に提供することになっています。通常は、取引説明書の中に全て記載されているケースが多いです。また、投資家との取引を扇動する表現や方法による広告がされないように、顧客の広告審査を徹底して行っています。例えばキャッシュバックなどで、このようなことは取引の扇動につながる可能性が高いといった認識で広告審査を実施しています。

取引中断の報告のルール

バイナリーオプション取引期間中は基本的に中断することなく取引できますが、顧客の財政に対して大きな影響を与える場合や通貨市場の急変などが発生した時は取引中断もあります。ただ、そのように取引期間中に取引を中断する時は、早急に顧客に連絡すると共に、ホームページを通じて一般に広く情報を公表する必要があります。また、取引中断の原因が解明された段階で、取引中断の報告と同様に原因と対策について顧客に報告すると共に、ホームページを通じて一般に広く情報を公表します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です