国内バイナリーオプション規制「商品性に関する規制」

まずは商品性に関する規制について

国内バイナリーオプションの取引方法に関して、ギャンブル性を抑えて安全性を重視することにより投資家を守る目的の規制が入りました。その為にバイナリーオプションの魅力が減少したという声も多少はありますが、どのような規制がされているのかを理解しておくことが大事です。まずはバイナリーオプションの商品性に関して、どのような点で変更された規制になっているのかを理解することです。

短時間のHIGH・LOWオプションの禁止
国内バイナリーオプションでは、短時間でレートが上がるか・下がるかを予想するHIGH・LOWオプションが人気の取引でした。しかし、この取引はギャンブル性が高いといった声が集中したことで、短時間のHIGH・LOWオプションが全面的に禁止となって消滅したのです。そして、この規制により2時間以上しないと新たな取引ができなくなったのです。

レンジ外の総取りの禁止

バイナリーオプションには、上がっても下がっても勝てない「レンジ外」と呼ばれる業者の総取りというケースがありました。つまり、従来は自動的に業者の総取りとなるゾーンが設定されていたのです。しかしレンジ外という呼び方は残ったままでも規制によりルールが廃止されたことで、業者が総取りすることがなくなって、レンジ外の場合は投資家に全額払い戻されるようになったのです。

売りと買いの価格を表示する2WAY方式に
規制により売りと買いの価格を両方リアルタイムで提示しておくことにルールが変更されました。これは、ポジションを取引キャンセル時に解消するために価格を提示しておく必要性があるためで、今買っているのか、値動きはどれくらいかを分かりやすくするための変更です。ただリアルタイムで価格表示されるために、「スリッページ」と呼ばれる注文時のレートのずれが発生する可能性があります。現在、多少のスリッページは仕方ないという声があると共に、どの程度のずれが生じるのかといった疑問の声も多いです。

高ペイアウト倍率になる価格設定の禁止

規制によって取引開始時点で著しく高いペイアウト倍率となる価格設定が禁止になりました。ただ、この規制内容に関しては、一体何倍のペイアウト倍率が妥当なのかという議論がされています。その議論の焦点は、ペイアウト倍率を固定すると言うよりは、ペイアウト倍率の最大上限倍率を設定すると言った方向で話し合いが進んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です