国内バイナリーオプション規制「取引に関する規制」

知識の確認という規制
国内バイナリーオプションには様々な規制が入って、そのひとつに取引に関する規制があります。その中のひとつに知識の確認というのがあって、業者はバイナリーオプション取引を開始する際に、顧客が必要とされる基礎的な知識を持っているのか確認する必要があるという規制です。そして、業者側が顧客の基礎的知識が充分でないと判断した時には取引の手続きを停止して、後日基礎知識があることを確認してから取引開始の手続きを進めることになります。その為業者側はホームページなどを活用してバイナリーオプション取引に関する基礎知識が学習できるコンテンツを提供し、顧客が基礎的知識を学習・確認することができるようにしています。業者が顧客の知識を判断する方法としては、テストなど具体的な手段を用いて行う必要があります。例えば、二者択一式のテストで行うことも可能ですが、回答が明らかに分かってしまうような安易な問題は避ける必要があって、あくまでも必要な基礎知識に対する理解度が判断できる内容と出題数をする必要があります。

取引経験という規制
バイナリーオプションは二者択一で予想する金融商品で、初めて投資にチャレンジする人でも簡単に利用できることがメリットのひとつです。しかし、取引経験という規制によってバイナリーオプション取引を始めるためには、基本的に流動性の高い金融商品・FX・有価証券オプションなどの取引の投資経験が必要になったのです。つまり、何らかの投資経験がないとバイナリーオプション取引を始められないのです。

限度額の申告と取引状況の確認という規制

限度額の申告という規制があって、一定期間内のバイナリーオプションにおける取引総額か損失限度額、また証拠金などの限度額を顧客は業者に申告する必要があります。そして、業者は顧客からの申告を受けた上で、限度額に達した時に顧客に対してお知らせをするなどといった取引管理を行う必要があります。このように顧客と業者それぞれに限度額の申告と取引状況の確認という規制が適応されるのです。それから、取引状況の確認という点から連絡した後、ある程度の時期までに取引限度額を下回るための措置を顧客がとられない場合には、業者として新規の取引を中止することがあります。

取引の継続という規制

バイナリーオプションでは、取引期間中なら中断することなく取引の継続が原則として実行できます。しかし、顧客の財政面に対する大きな影響や通貨市場の急変などが発生した時には、取引を中断すると言った対応も実施されます。この点に関しては、取引説明書や資料で例をあげて業者が提示しているので確認しておくと良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です