国内バイナリーオプションは規制されている

金融庁から規制されるようになった国内バイナリーオプション

その他の商品と比較して簡単に稼げる投資方法と言われているバイナリーオプションは、為替金融商品の注目の的となっていました。その為に参入してくる方もどんどん増えて人気がアップしたメリットもあるのですが、その反面で賭博性が高いなどといった批判の声や反対の意見も多数ありました。そのような背景から金融庁は国内のバイナリーオプションに対して厳しく規制をすることにしたのです。確かに学生でも簡単にできる投機性が問題になったことは否めません。

商品性に関する規制

国内バイナリーオプションの人気の理由は、短時間で結果が分かるHIGH・LOWオプションという点です。しかし金融商品ではなくギャンブルではといった声が集まったために、5分・10分といった短時間のオプションが禁止されて、取引開始時間から終了時間までを当面2時間以上と規制がされています。従来のバイナリーオプションでは、HIGHやLOWに予想しても勝てない場合に業者の総取りとなるルールがあったのですが、このルールが廃止されて投資家に全額払い戻されるように規制されています。売りと買いの価格を両方で提示する価格提示が必要と規制されています。ただ、リアルタイムで表示するのでスリッページが発生する可能性があると言った声もあります。取引が開始された時点でペイアウト倍率が著しく高くなる価格を設定することが禁止される規制がされています。ただ、どの程度のペイアウト倍率が妥当なのかなど、議論は今でも続いていると言われています。

取引開始手続きなどに関する規制

バイナリーオプションの取引開始手続きを行う際に、必要な基礎知識について確認するように規制されています。つまり、基礎知識を持たずに取引を始めてはならないということです。その為に、業者側は顧客の必要知識に対する理解度を判定できる内容と出題数のテストを実施して、合否判定に基づいた対応をする必要があるのです。また、バイナリーオプションを始めるためには、基本的にFXや有価証券オプションなどの投資経験をある程度持っていることが必要と規制されています。その為に何らかの投資経験をしていないとバイナリーオプションを始めることができないということです。それから業者は、顧客から限度額を申告してもらって、限度額に達した時にはお知らせをするなど取引の管理を実施するように規制されています。この損失限度額などを事前に申告しておく限度額の申告の規制によって、限度額に気づかず取引を続行してしまうことを防止することが可能になるのです。

取引時に関する規制

限度額の申告の規制により取引限度額に達した場合など取引の状況に関しては、必要に応じて業者側から連絡が入ることになります。そして、限度額に達したことを連絡したあと所定の期日までに、取引限度額を取引期状況が下回る措置を実施しない時には新規の取引を中止することがあります。つまり、申告した限度額を上回った場合に、限度額を上げるなど何らかの処置をしないと新規取引が実施できないということです。それから取引期間中は原則として中断なく取引が実施できるのですが、通貨市場の急変や顧客の財政状況に対して大きな影響を与える可能性がある状況が生じた時には、緊急措置として取引を中断することがあります。このような取引中断に関しては、取引説明書や何らかの資料で提示しているので、利用する業者のものを確認しておくことも大切です。

情報提供・広告に関する規制

顧客の取引全体の状況を毎月集計して公表するように規制されています。取引結果の公表内容については、投資家が業者に支払った総額・投資家全体が受け取った総額の割合・月間の損益がマイナスになった取引口座の取引した口座数に対する割合などです。

海外FXランキング

http://xn--fx-3s9cx68e.xyz/

海外バイナリーオプションランキング

http://xn--eckm3b6d2a9b3gua9f2dx650dxd5b.xyz/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です